2015年3月16日

History

グラスメーカーとしての伝統
アイシュ家のグラス製造の伝統は、1689年にボヘミア地方で生まれたマチアス・アイシュによりスタートしました。
彼の名前は当時の存在した、小さなグラス工房の従業員リストに記載されています。

familie-valentin-eisch-1941

創設者
アイシュ・グラスファクトリーの創設者であるバレンティン・アイシュは1914年に、 クリスタルグラス工房のマスター・エングレイバー(彫刻師)として働き始めました。
その後、家族愛の強かったバレンティンは、より豊かで安定した生活を6人の子供達に過ごさせたいと考え、 1946年に妻テレーズと共に自身の会社の設立。
こうしてアイシュ社は設立されました。

競合の時代
その後、アイシュ社の成功を脅威と感じた、バーバリアン地方の他のグラスメーカーたちは、 グラス原材料の流通を阻むなどの措置を取りました。
これにより、アイシュ社は非常に困難な状態に陥り、アイシュ家はそれまでのグラス加工業に加えて、 自社でグラス自体の製造をも行うことを強いられたのです。

バイエルン地方で最も新しく小さな工房
その時代のバイエルン地方で最も新しく、規模の小さなグラス工房であったアイシュ社の最初のグラス製品は 1952年12月に製作されました。
起ち上げ時期のさまざまな困難にもかかわらず、1956年にはグラス焼き上げるための窯を12炉にまで増設する程に ビジネスは成功したのです。
この大きな成功の影には、アイシュ家のメンバーを中心とした、従業員すべての密な協力体制が存在しました。

glashuettenbau_klein

アーウィン・アイシュ
7世代目の経営陣の一人、アーウィン・アイシュはヨーロッパにおけるグラス工芸発展の先駆者であり、精神的な父でした。
グラス製造工房に彼は重要な刺激を与え、今日に至るまで「他人と違った製作スピリッツを持つ男」と称されています。

グラスの中の詩
1977年、アーウィン・アイシュの自由な作風から「Poetry in glass(グラスの中の詩)」シリーズの ユニークなアイテムが製作されました。
流麗なシェイプのこのコレクターズ・アイテムは、多色使いのデザインをさまざまな窯と低温グラス仕上げの 技巧を駆使して創られたものです。
彼の作品は日本を含め、世界的に有名な美術館やプライベートコレクションとして、所蔵されています。
国内所蔵美術館:横浜美術館、北海道立近代美術館、京都国立近代美術館

valentin-eisch

首相の訪問
1997年には当時のドイツの首相、ヘルムート・コール氏がアイシュ社を訪問しました。
首相のためにアーウィン・アイシュは「ヘルムート・コール」と名付けたグラスの人頭ポートレイトを贈呈しました。

第三世代
現在、バレンティンから数えて、3世代目の経営陣がアイシュ・グラスファクトリーを運営。
1993年1月から、アイシュ社はエバハード・アイシュとジュリア・アイヒンガー・アイシュの2名が経営指揮を執っています。

eberhardundjulia