お花見ワイン

お花見自粛要請などもありましたが、なにかと気分も落ち着かない今、せめておいしいロゼワインでお花見気分だけでもお楽しみください。
ウィラハン麻未さんが、今特におすすめする、リーズナブルでとても美味しいワインをご紹介いただきました。

 

お花見には、まず何と言っても桜の色に近いロゼがマスト。
特に女性が多く集まるお花見では、ロゼワインがサーブされないことはないと言っても過言ではないと思います。
1,000円くらいのロゼで、私の中で不動の地位を占めるのは、以下のワインです。

シャプティエ ペイドック・ロゼ

とてもリーズナブルというのがおすすめする一番の理由です。そして、色の美しさも。
少しオレンジがかった、淡いロゼ色は、とてもロマンチック。
優しいベリー系の香りが主体で、とてもフルーティーです。
一口飲むと、さっぱりしていると感じますが、骨組みも果実味もしっかりしていて、風味豊かなお料理との相性も良いです。

コルクではなく、スクリューキャップであることも、お花見にはありがたいです。
さっと開けて、すぐキャップを閉めれば、倒してワインが溢れる心配もありませんし、もし余っても(笑)、自宅に持ち帰るのも楽です。

そして、忘れてはいけないのがロゼ泡。
スパークリングワインやシャンパーニュのボトルは、通常のワインのボトルより重いので、外でのお花見の際は持参するのが少し大変なのですが、最近缶入りでも美味しいロゼ泡を見つけました。正直、缶入りのワインにまず期待することはありませんし、購入することも考えたこともなかったのですが、このワインは、違いました。
この価格でこのクオリティー!と驚きを隠すことができなかったのが、以下のロゼ泡です。

 

バロークス バブリーワイン ロゼ

 

カベルネ・ソーヴィニヨン、サンジョベーゼ、シラーズのブレンドで、フルーティーで柔らかい風味。とても飲みやすいのですが、アルコール度は、13度ありますので、飲み過ぎに注意です!

缶ですから軽いので、そぞろ歩きしながら桜を眺めるプチお花見にもピッタリです。価格は、600円以下です。

上記の二つのロゼは、ぜひアイシュのブーケで召し上がってみて下さい。
脚がないので、倒す可能性も非常に低いですから、お花見には最適です!食洗機にも普通のグラスの様に入れて洗えますし、手で洗う場合も、直径が大きいので楽です。

スーペリア ブーケ

それでは、準備周到で、ロゼ色のお花見タイムをお楽しみください!

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。