秋の夜長に…

食欲の秋。
美味しいものが多く、体重計を睨む日が続く毎日です(笑)。
食後のデザートタイムに、お菓子からのカロリー摂取を少なくすることを目的として、果物とスパークリングワインという組み合わせは如何でしょうか?
旬の果物を少しつまみながら、甘みのある泡を一杯。
なぜかホッとする癒し効果もあり、少しだけ飲みたいウィークデイの夜にもぴったりです!
今のおすすめフルーツは、ブドウ、洋ナシ、りんご、イチジクなど。
ワインはブドウから造られているので、ブドウとはとても良い相性です。
洋ナシのネトっとした舌触りを、スパークリングの泡が洗い流す舌触りにはうっとりします。
リンゴも甘さはありますが、きちんと酸味もあるので、スパークリングワインの酸味にとても合わせやすいです。
イチジクは、冷やしてそのまま合わせても、美味しいマリアージュを楽しめますが、生ハムを少し添えて巻きながら頂くと、絶品マリアージュの完成。
こちらは、飲み過ぎに注意の組み合わせです!
フルーツと合わせるスパークリングワインは、やはりフルーティーなものが良いでしょう。
辛口のものですと、フルーツの甘さとクラッシュするので、甘めのものを!
おすすめは、カビッキオリのアマービレ
優しい泡を持ち、花、はちみつの様な香りには、アプリコットやピーチの含みがあります。
風味は、フレッシュでスムーズ。甘味のあるワインですが、酸味があることでバランスが取れており、とてもフレンドリーなワインです。
ワイナリーでは、リゾットとのお供としてもおすすめしているので、パスタやリゾットなど、イタリア料理を少しという様なディナーの時には、食中を通して楽しめるでしょう。
カビッキオリのアマービレは、ぜひ気分の上がるフルートタイプのグラスに入れて!アイシュ のヴィネッツアシリーズのシャンパングラスがおすすめです。優しい泡が綺麗に立ち上がっていくのを見るだけで、幸せな気分になります。罪悪感なく(笑)、秋の夜長のデザートタイムを楽しみましょう!
ヴィネッツアシリーズ シャンパングラス

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。