ナパでのブレックファーストメニュー

先日のカリフォルニアのナパでのホリデーをとても心に残ったトーストがあります。
とてもシンプルですが、ワインのおつまみも重宝するアヴォカドトーストです!Southsideというカフェで、朝食として頂きましたが、もちろん頂きながら、ワインだったら何を合わせようと考えてしまいました。
ちなみに、Southsideはナパと、ナパから少し時間はかかりますが、ヨントヴィルというミュシュランの星付きレストランが多くあるエリアに2店舗展開しています。
ここのアヴォカドトーストは、セミハード系のパンをトーストして、そこにスライスしたアヴォカドをのせ、フォークで割ると、黄身がトロッと流れ出てくるポーチトエッグがのせてあります。トッピングで、スパイスなどで調味したパンプキンシードものっています。
あとは、オリーブオイルで和えたルッコラサラダが添えてあるだけです。

 

 

 

このアヴォカドトーストは、もちろんアヴォカドが主役ですから、まずそれに合わせたワインを考えます。
樽で熟成したシャルドネがベストマッチです。フルボディのものが良いでしょう。
酸味が感じられるパンの風味もしっかりしていますし、スパイスで調味したパンプキンシードも考慮すると、ボージョレ、キャンティなどの軽い赤ワインもおすすめです。
軽い赤ワインを選ばれるのであれば、グラスはぜひ ヴィネッツアコレクションのキキザケグラスで。
軽めのワインや、オールドヴィンテージを飲む際に活躍する形状のグラスです。
小ぶりなので、洗うときにも楽です!
ウィークデイの疲れた日には、簡単なアヴォカドトーストと一杯の赤ワインで、リラックス!
週末に硬めのアヴォカドを買っておけば、数日で食べごろになります。
是非お試しください!

 

 

 

ヴィネッツアコレクション キキザケグラス

 

 

 

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。