テラスシーズン到来!

いよいよ、史上に残る大型連休ゴールデンウィークに突入です。
どこに行こうか、何を食べて、どんなワインを楽しもうか、皆様もウキウキされていることと思います。
私の計画は、できるだけテラスなどの戸外で、ご飯を食べ、泡やロゼワインを楽しむことです!
まだ蚊の心配もないので、夕方からアペリティフのみでも、ディナーを通してでもテラスご飯&ワインをエンジョイできます。
私が今夢中になっている、おすすめのテラスワインをご紹介します。
私がテラスワインに選ぶのは、まずフードフレンドリーであること、そして果実味がしっかりとありながら、酸味もミネラル感も適度にあるワインです。

 

 

Attems Pinot Grigio Ramato (アテムス ピノ・グリージョ ラマート)
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州で、名門フレスコバルディが造るワイン。
ピノ・グリージョを使って、ピンク色のピノ・グリージョの皮を果汁とコンタクトさせ造ったロゼ色がとても綺麗です。
はるか昔、ベネチア共和国が存在した時に用いられていた手法を基に、現代の最新のテクニックを用い、フレッシュで果実味が全面にでたスタイルです。
このワインの素晴らしいところは、何と言っても様々なお料理と合うところ。
アクアパッツア、スモークサーモン、ゴボウなどの根菜、揚げだし豆腐、ピザ等、何でもござれです。

 

 

夕日を見ながら、ラマート(銅色の意)と前菜を頂くのは至福の時です。新しいラヴリーなラベルも、
まさにテラスを彷彿をさせます!

 

アテムス ラマートを楽しむグラスでおすすめなのは、ヴィネッツア コレクション キキザケ

アロマも綺麗に広がり、大きすぎず、温度が上がりすぎないタイミングで2杯目を楽しむことができるサイズ感が嬉しいです。

 

テラスのあるレストランやCafeをお探しの方におすすめなのは、大手町にあるCafe Studio Bakery。
夕方にテラスで、グラスワインとお惣菜パンや、ワインに合う一皿を気軽に楽しめます。

 

 

この季節は、夜もぜひテラスで!
シェフ自慢のお料理や、リーズナブルなワインの数々を気のおけない仲間と。
梅雨が始まるまでの間、皆様もテラスワインライフをぜひお楽しみください!!

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。