ベルリンでビール / ベルリナー・ヴァイセ

気温が上がり、空気が随分春らしくなってきました。
少し暖かくなってくると、白ワインやビールも飲みたくなってきますね。
つい先日、毎年のように行くベルリンで、素晴らしく美味しいビールを発見しましたのでご紹介します。

その名は、Berliner Weisse(ベルリナー・ヴァイセ)。

小麦のビールで、乳酸菌を使って発酵させており、そのため非常に心地よい酸味があります。
シロップを混ぜて飲むのが一般的な様で、以前にハーブのシロップが入った緑色のヴァイセを飲んだことがあります。

今回は、まずシロップ無しでトライ。
白ワインの酸味にかなり近いものを感じました。
かなり好みの味です!次にお店特製のジンジャーシロップを入れてみると、また別の美味しさがあり、これもかなりはまりました。

同席していたドイツの友人が言う様に、ジンジャーが効きすぎず、ちょうど良い加減でした。

このベルリナー・ヴァイセを頂いたお店は、BRLO。

38のコンテナを使って作られた醸造所兼レストランは、ゴーミヨにも掲載される人気店です。
ビールだけでなく、フードのレベルがとても高く、スペアリブ、ピクルス、サンドイッチなどを堪能しました。
一捻りしたお料理は素晴らしく、バーベキューソースにもそのレベルの高さが反映されています。

上記のベルリナー・ヴァイセとスペアリブの組み合わせは、最高ですので、BRLOにいらしたらぜひお試しください!

ベルリナー・ヴァイセは日本では特定のお店でしか飲めませんが、これからの季節、ぜひアイシュグラスでビールをお楽しみください!
ビールにオススメのグラスは、ヴィネッツアシリーズのキキザケ。
小ぶりなグラスで、ビールがぬるくなってしまわないサイズ感が最高です。

Prost(乾杯)!!

 

ヴィネッツアシリーズ  キキザケ

 

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。