Beaujolais Nouveau 2018

今年も、ボージョレ・ヌーヴォーの季節 がやってきました!
解禁日は、毎年第三木曜日です。
2018年ヴィンテージは、2017年、2015年、2009年と並び、珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれるでしょうとまで言われていますので、かなりの高品質を期待できそうです。

以前は、レストランなどでのイベントで、皆でワイワイガヤガヤと解禁日にボージョレを楽しまれる機会も多かったと思います。
最近は、ご自宅でゆっくりと楽しまれる方の方が多い印象を受けますので、今回は、家飲みに最適な手間いらずのおつまみをご紹介します。

まず、サラミがダントツでオススメです。
切ってサーブするだけですが、ゆっくりワインを楽しむことができる頼もしいおつまみです。
値段は少々張りますが、この時期、ぜひトリュフ入りのものをセレクトしてください。

秋を感じていただけると思います。

以外なところでは、塩サバです。
脂がのっていて、乳酸が多い魚ですので、赤ワインにはぴったりです。
お醤油を少々たらすと、より赤ワインに合いやすくなりますので、ぜひお試しください。

最後に、ボージョレ・ヌーヴォーのサーブ温度についてです。
美味しく飲めるのは、低めの温度です。
冷蔵庫に入れて、14度くらいに冷やし、アイシュの ヴィネッツアシリーズのマルチワイングラスでお楽しみください。

 

ボージョレに乾杯!!

 

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。