比較テイスティング/ MI TERRUNO UVAS TORRONTES 2013

涼しくなり、赤ワインが恋しくなる季節ですが、このような季節に美味しい白ワインもたくさんあります。

その一つが、熟成した白ワインです。
少し高めの温度でサーブしますので、秋にはぴったりです。
つい最近、熟成したトロンテスをあるお店で見つけ、試飲をしてみました。
トロンテスは若いうちに飲まれるものがほとんどなので、あまり古めのヴィンテージは市場に出ていませんので、このミ・テルーニョ 2013年は、例外です。

樽熟成されていないのですが、長めの熟成に耐える スタイルに仕上がっているこのトロンテス。
まず、普通のワイングラスに入れてみると、ドライハーブの含みがありますが、かなり閉じた印象です。
口に含むと、トロッとした舌触りで、熟成感が感じられますが、後味に少々の苦味が出て、酸味もかなり低く感じられます。

 

スーペリアシリーズのグランブルゴーニュグラスに入れてみると、香りはぐっと開き、ハニーなどの甘い香りが出てきます。
口の中でも、ボディは同じくらいに感じられますが、ずっとスムーズで、酸味がより生き生きと感じられます。
頬の裏側についてくるような粘着感のある舌触りです。後味もより長く感じられ、少々のスパイシーさがあります。
上質のブルゴーニュのような口当たりが、非常に魅力的です。

 

スーペリア グランブルゴーニュ

 

少し古めのワインを飲まれる時は、ぜひいくつかのグラスをお試しください。
最適なグラスで飲むと、ワインタイムが本当に楽しくなります。

 

アイシュグラスに乾杯!!

 

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。