餃子とワイン。

最近、餃子の美味しい所を探しています。理由は、海外からの友人が東京を訪れる際に、餃子とラーメンの美味しいお店をしばしば聞かれるからです。

餃子の好みも人それぞれなので、オススメと書いてあるお店が、 自分で食べてみて気にいるか どうかは、なかなか難しいところです。
先月、行ってみた蒲田の金春は当たりました!

かなりの大きさの羽根つき餃子で、皮が厚く、フィリングも多いのです。
皮のモチモチ感が素晴らしく、皮の美味しさで頂くと行っても過言ではないと思います。ここは、シュウマイも美味しかったです!

残念なことに、美味しい餃子のお店でも、ワインドリンカーが満足するようなワインリストがない場合がほとんどです。
パリでは、二つ星レストランがプロデュースするGyoza Barがあり、ワインと餃子を楽しむことができます。

実は、東京でも餃子とのマリアージュを楽しめる所があります。
新橋にある、スタンドシャン食 Tokyo新橋虎ノ門 Champagne & Gyoza Barです。
タレもシャンパーニュに合うように工夫されています。
是非一度お試しください!

 

ご自宅で餃子とワインのマリアージュの際のオススメは、泡以外にロゼがあります。
タレは、お酢、お醤油、ラー油とかなり風味の強いものを混ぜるので、ミディアムボディ以上のロゼがオススメです。
ロゼは黒ブドウを用いて白ワインのように造られており、赤ワインのニュアンスもあるため、マリアージュの時のお助けワインです。

グラスは、ヴィネッツァのマルチワイングラスをご使用ください。
マルチタイプのこのグラスは、若いロゼワインを開かせ、より赤ワイン的なニュアンスを出してくれます。

 

餃子に乾杯!

 

ヴィネッツァ マルチワイングラス

 

 

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。