「ウィンストン・チャーチル・ヒトラーから世界を救った男」

辻 一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を取ったことでも話題のこの映画、ご覧になりましたか?

 

私は、よくもここまで、本物のチャーチルに似せることができたなと特殊メイクに感激しました。
そして、ワイン好きの私は、もちろんチャーチルが飲んでいるドリンクにも注目。

 

朝の早いうちから、シャンパーニュなどを楽しんでいたチャーチル。
特にシャンパーニュがお好きで、生涯に42,000本のポル・ロジェをあけたと言われています。
戦時中にも、“諸君、フランスのためだけに戦っているのではない。
シャンパーニュのためにも戦っているのだ。”という名言も残している位です。

 

また、チャーチルはポル・ロジェのインペリアル・パイントという500mlのサイズのものを愛飲していたようです。
このパイントボトルからは4杯取れるため、カップルでのディナーにはちょうど良いサイズですが、チャーチルよると、「クレミー(奥様の名前)は、フルボトルは私には多すぎると思っている。でも、ハーフボトルは自分の脳を刺激するには不十分な量だと私は わかっているのだ」

イギリスがEUに加盟して以来、このパイントサイズはEUのルールで認められていないので、作られていません。
しかしBrexitにより、復活の動きがあります。
ラスフィニーエステイトでは、すでにこのサイズで造られているそうですが、リリースは、2021年以降になるようです。

 

パイントボトルのイギリスのスパークリングワイン、ぜひ試したいですね!
その際は、スタイリッシュな、アイシュのスーペリア シャンパングラスで!!

 

 

 

 

〈ウィラハン 麻未氏プロフィール〉

ワイン市場開発コンサルタント
ワインPR
ワイン&フードライター

ナパ・ヴァレーに留学し、ワインの醸造やマーケティングを学ぶ。
外資系ワインインポーターを経て、現在はワインと食のスペシャリストとして国内外で活躍。
各地ワインの振興に貢献した人々がメンバーになることができる騎士団の称号を受賞、シャンパーニュ騎士団、サンテミリオン騎士団のメンバーである。